高収入の介護福祉士求人は存在するのか調査!

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前の記事で少し介護福祉士の年収と給料について触れましたが、年収に対して大きな振れ幅があるのがわかったと思います。今回は高収入な介護福祉士の求人は存在するのか?高収入の仕事内容は?管理人がネットを駆使し、独自にお調べいたしました。

1.介護福祉士の年収はいくら?

介護業界と言えども老人ホームやデイサービスセンター、福祉用具販売業界など様々ありますので一概に年収を説明する事ができません。

ですが一般的には年収は300万~400万くらいの層に属していると言われています。様々な職種を含め社会全体で見た場合、年収300万~400万の層がボリュームゾーンとなっています。(民間給与実態統計調査平成29年度参照)

つまり、平均的な給料体系と言えるでしょう。
また、年収の平均は無資格の方も当然含んでおりますので介護福祉士を取得している方のみだと少しアップすると思われます。

以上の点を含め今回は”年収400万円以上=介護業界ではやや給料高め”とし、高収入な求人募集を調べました。

2.介護福祉士の高収入の求人は実在した。

ちなみに、以下は現在募集されている求人であり、時期により募集していない場合もございます。細かい企業情報まではお伝えできませんが介護福祉士の求人でこれくらいの収入の求人募集もあるんだ!と参考程度にしていただき就活の際に目安にして頂ければ幸いです。

管理人が調べた結果は以下となります。

  • 特別養護老人ホーム
    基本給 170,500円~304,000円
    扶養手当 (配偶者)16,200円 (家 族) 6,700円
    資格手当 6,000円~ (対象資格:介護福祉士)

    処遇改善交付金年2回支給
    夜勤手当 6000円~7000円/1回(月4回程度)
    賞与 前年度実績 年2回・計4.00月分

    初任給における前歴、前職歴加算等有り
    ※モデル賃金(四大卒・5年経験あり・介護福祉士) 基本給+諸手当=27万円(平均) 賞与込の年収=430万円(平均)

こちらは特別養護老人ホームの求人ですが、介護福祉士を取得して地道に経験を積んでいけばそれなりに昇級していくようです。処遇改善交付金年2回支給としっかり明記してあり、これもまた年収増加につながっています。前職歴加算があるのもポイントです。

  • 特別養護老人ホーム
    ”MAX年収500万以上も可能”という記載あり
    基本給 153,100~276,800円

    特殊業務手当 7,000~15,000円
    夜勤手当 1回8,000円(4~5回)
    介護福祉士手当 10,000円(その他は7,000円)
    賞与 前年実績 年2回・計4.1ヶ月分
    通勤手当 上限あり 月額:12,000円
    扶養手当・配偶者手当 住宅手当

同じく特別養護老人ホームの介護士募集です。ですが、先ほどとは異なり夜勤手当が1回8,000円なので夜勤にたくさん従事すれば年収500万以上も可能ということですね。求人に虚偽のことは記載できないので、実際に年収500万以上の方もこの施設では存在していると思われます。昇級も当然すると思いますが、先ほどの施設よりかは少なそうですね。

  • 介護付有料老人ホーム
    職種 管理者
    年俸制 4,700,000円~6,000,000円
    週休二日、その他シフト制毎月9日間2月のみ8日間
    年間休日 120日

こちらの募集は有料老人ホームの管理者募集です。管理者ですので運営全般に携わるので、ある程度の介護経験者、介護についての知識、リーダーシップが必要となります。職員の管理や法人としての管理も行うのでパソコン業務などの机上作業があるので、ワードやエクセルの扱いにも慣れていないといけません。多忙を極めるので高収入というか、責務にあった年収だと思います。

3.初めから高収入を狙うには夜勤従事?

やはり、初めから高収入を狙うには夜勤手当が良いところを狙う方が多いそうですね。しかし、夜勤と日勤の繰り返しだと生活リズムが整わず身体を壊してしまったり無理しすぎる方もいらっしゃいます。最初から高収入にこだわらず介護福祉士として長く経験を積めば昇級で地道に給料は上がっていきますし、もちろん資格手当もあります。信頼と実績を積めば管理者になるチャンスもあるかもしれません。今回の記事はこういった求人もあるんだと参考程度にして頂ければ幸いです。