転職や就職時の参考に!高齢者の介護事業の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加

やっと介護福祉士や介護職員初任者研修を取得し転職を考えている方や、新卒で介護系のお仕事にいざ就こうとする方に必見!介護業界と言えども介護の種類は様々あります。高齢者分野においても特別養護老人ホームや老人保健施設、デイサービスetc…。

しっかりと理解せずに転職してしまうと、思っていたのとなんか違う!なんてことも。今回は高齢者の介護業界の基本の種類について解説したいと思います。

1.特別養護老人ホーム

「特別養護老人ホーム」は、介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。

65歳以上で要介護3~5の認定を受け、常に介護が必要な状態で自宅での介護が困難な方で、寝たきりや認知症など比較的重度の方、緊急性の高い方の入居が優先となります。
特別養護老人ホームの特徴として、公的な施設のため低料金で利用できますが、個室ではなく相部屋になることが多く、民間の老人ホームほどサービスが充実していない面もあります。もちろん生活保護受給者なども入居できます。
有料老人ホームと比べて施設自体が古かったり、設備が整っていないこともあります。
医師や看護師が常駐ではないので夜勤など、オンコール対応が必要となります。また、看取り介護を行うことが増えたので特別養護老人ホームにて亡くなる方も多くなってきています。(看取り加算対応施設のみ)

2.有料老人ホーム

「有料老人ホーム」は、主に民間の企業によって運営されています。大きく分けると介護付・住宅型・健康型の3つのタイプがあります。ご入居の対象となる方はホームによって異なりますが、概ね65歳以上で、自立の方から要支援、要介護の方まで幅広く入居することができます(健康型を除く)。また、空室があればすぐに入居することもできます。
日々の生活を快適に過ごせるようにサービスが配慮されており、居室は基本的に個室となり、プライバシーが守られています。設備が充実しているホームが多く、レストランやシアタールームなどホテルのような快適性を持つホームもあります。
その反面特別養護老人ホームと比較すると入居料金が高くなります。ですが、最近では入居金0円や月額利用料が安価なホーム、医療ケアが充実しているホームなど様々なニーズに対応しているところも増えています。

3.介護老人保健施設

よく特別養護老人ホームと間違えられるのですが、特別養護老人ホーム(特養)は介護を受けながら長く生活をする施設で、介護老人保健施設(老健)は介護を受けながらリハビリをして在宅復帰を目指す施設になります。
サービス内容は介護だけではなく医療的ケアとリハビリに重きを置いています。入居期間も終身ではなく原則3ヶ月という決まりがあります。なので常に利用者の入れ替わりがあります。
老健は特養よりリハビリ施設が充実していることが比較的多く、医師や看護師などの医療従事者の人員配置も手厚くなっています。夜勤は介護士さんと看護師さん両者常駐します。

4.デイサービス

要介護状態となった場合においても、利用者が可能な限り利用者の居宅において、持っている能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう生活機能の維持又は向上を目指し、必要な日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者の社会的孤立感の解消及び心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図る目的で提供されるサービスのことです。
デイサービスは通所介護とも呼ばれ基本的には朝から夕方まで対応となるので夜勤はありません。(ただしお泊まりデイサービスを行なっている事業所もあり)サービス内容は、要介護状態にある高齢者がデイサービスセンター等へ通い、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練を行います。送迎バスにて職員が同行し高齢者の送り迎えを介助することも介護士さんのお仕事の一部です。
比較的、老人ホームに入所している方より要介護度が低い人が利用することが多いです。

5.終わりに

今回は大まかな介護事業の種類について解説致しましたが、少しは介護事業について理解していただけたでしょうか?事業によって要介護度や利用する方の層、夜勤が有無など異なります。この記事が就職、転職時の参考になっていただければ幸いです。