介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修

介護業界で仕事を探すなら、一番はじめに目指す資格です。
以前はホームヘルパー(2級)と呼ばれていました。資格を発揮できる介護の主な仕事内容は、食事介助や入浴・排泄介助、高齢者や障がい者の体位変換や移乗のお手伝いを行います。それを演習や座学で研修を行い、キャリアとして発揮できる資格です。
研修に関して厚生労働省にて定められているので全国で認知が高く信頼もあります。

近年は講習先が乱立状態ですので値段を安く資格を取るには講習先を比較することが重要です。

→介護職員初任者研修を実施している学校を探す

受験資格:特になし
取得条件:130時間の研修を受講すること。
     最後に修了試験がありますが再試験可能。

研修概要

研修科目時間数
職務の理解6時間
介護における尊厳の保持・自立支援9時間
介護の基本6時間
介護・福祉サービスの理解と医療との連携9時間
介護におけるコミュニケーション技術6時間
老化の理解6時間
認知症の理解6時間
障害の理解3時間
こころとからだのしくみと生活支援技術75時間
振り返り4時間
合計130時間

カリキュラム終了後に一時間程度の修了試験が行われます。

通信講座でも取得できるの?

介護職員初任者研修は通信のみでの取得はできません。
必ず実技の講習を受講する必要があります。
しかし、通信講座でも通学講座(スクーリング)と併用の講座であれば取得は可能です。

→介護職員初任者研修を実施している学校を探す