介護福祉士取得ルート

国家資格の介護福祉士を取得するには大きく分けて4つの取得ルートがあります。
いずれかのルートを経て受験し、合格を目指しましょう。

①介護福祉士実務経験ルート

実務経験の対象となる施設や事業所および職種での在職期間が
3年(1,095日)かつ従事日数が540日以上で実務者研修を受講した方

  • 在職期間には、産休・育休・病休等の休職期間が含まれる。
  • 試験実施年度の3月31日までに従業期間・従事日数が上記の日数以上となる見込みの方は「実務経験見込み」として受験可能。

→都道府県から実務者研修講座を探す
→都道府県から介護福祉士国家試験対策講座を探す

②福祉系高校ルート

  • 新カリキュラム(平成21年度以降入学者)卒業者
    介護福祉士の筆記試験を受験

    注意)平成20年度以前の卒業生は筆記試験と実技試験を受験しなければならないが、「介護技術講習修了」すれば実技試験は免除される。
  • 特例高校等 35単位福祉系高等学校卒業による受験 (平成21~25年度、28~30年度入学者) 34単位(専攻科)福祉系高等学校による受験(平成21~25年度、28~31年度入学者)
    卒業後、9ヶ月以上の介護等の実務経験が必要。
    筆記試験だけではなく実技試験も受験する必要があるが、「介護技術講習」を修了すれば実技試験は免除される。

③養成施設ルート

以前(平成28年度まで)は、養成施設を卒業すれば介護福祉士を取得できましたが、現在では養成施設卒業後に国家試験を受験しなければなりません。
尚、実務者研修を受講する必要はありません。

ですが、2017年4月1日~2022年3月31日までの卒業生のみ経過措置として通常と異なる点があります。

  • 2017年4月1日~2022年3月31日までの卒業生
    国家試験を受験しなくても登録申請すれば卒業後5年間は介護福祉士として見なされます。継続して介護福祉士の資格を取得したい場合は、実務経験(継続勤務に限る)又は筆記試験を受験する必要があります。

④経済連携協定(EPA)ルート

EPAによる受験をお考えの方は以下のリンクにてご確認をお願いいたします。

→EPAによる介護福祉士国家試験受験