介護福祉士の給料・年収は?

介護福祉士を目指している方は資格取得のため勉学に励む一方、介護福祉士の年収も気になっているのではないのでしょうか。やはり、なりたい職業とはいえ生活を成り立たせなければならないので多くの方が気になっていると思います。本日は介護福祉士の給料についてお話ししたいと思います。

1.介護福祉士の年収

介護業界と言えども老人ホームやデイサービスセンター、福祉用具販売業界など様々ありますので一概に年収を説明する事ができません。

ですが一般的には年収は300万~400万くらいの層に属していると言われています。様々な職種を含め社会全体で見た場合、年収300万~400万の層がボリュームゾーンとなっています。(民間給与実態統計調査平成29年度参照)

つまり、平均的な給料体系と言えるでしょう。

今回は以下に現在の様々な求人などを独自に調べ考察した結果を解説します。独自調べなので悪しからず。

老人ホーム(特養・老人保健施設など)の給料・年収

170,000~220,000円(手取り)

上記に加え夜勤をした場合
190,000~250,000円(手取り)

さらに介護福祉士資格手当 5,000~10,000円

ベースとなる部分は新卒で一般企業に就職した手取りぐらいかなと思います。それに加え、夜勤手当の部分が給料に大きく影響しています。ですので給料は夜勤に何回従事するかで金額に大幅な差が出ると思われます。ボーナスについても調べましたが、事業所の規模により支給がないところであったり、年2回支給のところもありバラバラでした。それを加味すると年収は300万~400万くらいが妥当と思われます。

デイサービスセンターの給料・年収

160,000~190,000円(手取り)

さらに介護福祉士資格手当 5,000~10,000円

かなり事業所により差がありましたが基本的に夜勤がないので老人ホームより給料が少なめに感じました。介護福祉士手当については老人ホームと同等ぐらいでした。年収については300万円ほどではないでしょうか。求人については時給のパートさんを多く求人しているところが見受けられました。デイサービスセンターは夜勤がなく定時で終業するので共働きの子育て世帯に人気となっています。

資格手当や役職手当、夜勤手当を確認

介護福祉士の資格を取得していると大体の事業所が資格手当を支給しています。例えば介護福祉士の資格手当が1万円だとすると、年間で12万円もの給料の差が生じます。いかに介護福祉士の資格が重要な事がわかりますね。それに加え、夜勤に従事するのであれば夜勤手当が支給されるので給料が大幅にアップします。また、介護福祉士を取得後主任やユニットリーダーに抜擢された場合、役職手当というものもあります。この手当は各事業所により異なるため、就活の際は手当の有無、金額もきちんと確認しましょう。

給料アップ?介護職員の処遇改善の取り組み

2019年10月に新設される特定処遇改善加算。まず介護職員処遇改善加算とは介護職員の安定的な処遇改善を図るための環境整備、介護職員の賃金改善を目的とした加算です。特定処遇改善加算では算定要件を満たした事業所では勤続年数10年以上の介護福祉士について、月額平均8万円相当の処遇改善を行う事ができます。ここで気になるのは勤続年数10年以上の部分ですよね。

支給の対象者は

  • 経験・技能がある介護福祉士を基本とする
  • その他の介護職員
  • その他の職種

つまり、現場での業務を勘案して事業所の裁量で設定することが可能なので事業所全体の給料アップにつながる可能性があります。

→詳しくはこちら「2019 年度障害福祉サービス等報酬改定に関するQ&A」