介護福祉士とは

介護福祉士

介護福祉士とは社会福祉士および介護福祉士法で定められている国家資格です。
社会福祉士と精神保健福祉士に並ぶ福祉系三大国家資格と呼ばれています。

この資格を活かせる職場としては
・病院
・介護老人保健施設
・特別養護老人ホーム
・デイサービス
・障害福祉サービス事業所 等が挙げられます。

資格取得のメリット

もちろん介護業界の仕事では資格なしでも募集している事業所はたくさんあります。しかし、介護福祉士の資格があることでいくつかメリットがあります。

  • 資格手当

資格手当については全ての事業所で一律の金額が貰える訳ではないのですが、
目安としては大体1万円程度もらえる事が多いです。転職を考えているのであれば資格手当の有無をしっかりと確認しましょう。

  • 昇級のチャンス

資格無しで働くよりも、昇級のチャンスの枠が広がります。
老人ホームでは主任クラスになると必ずと言っていいほど介護福祉士の資格保持者が多いです。また、資格があることにより自信が持てるのでモチベーションも上がります。

  • 転職に有利

介護福祉士は国家資格なので保持しているだけで転職に有利です。中途採用でも資格があることではじめから月給の金額アップに繋がります。

次ページ:介護福祉士の取得ルート