介護支援専門員(ケアマネージャー)の難易度 一発合格できる?【管理人体験談有】

このエントリーをはてなブックマークに追加

介護福祉士国家試験より難しいと言われているケアマネージャーの試験。
難しいという単純な理由で受験を諦めていませんか?介護福祉士を取得しているならせっかくなので目指したらいかがでしょうか。

ケアマネを取得すると介護の仕事の枠がグンと広がります。今回はケアマネージャーの難易度や過去の合格率を解説致します。

1.ケアマネージャーとは?

ケアマネージャーがどのような仕事をしているのかご存じでしょうか。

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、簡単に説明すると要介護者・要支援者からの相談に応じ、心身の状況等に応じ適切なサービスを受けられるようにサービス事業者との連絡調整を行なう者です。ですので介護保険法について知識を有していなければなりません。業務内容は要介護認定の代行や介護サービス計画(ケアプラン)の作成、支給額限度額の確認と利用者負担額の計算などがあります。介護施設だけでなく、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所などに配置されます。

保健・医療・福祉の実務経験者で、都道府県知事の行なう「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、居宅サービス計画の作成などに関する実務研修課程を終了した方が介護支援専門員として登録され、介護支援専門員証の交付を受け実務につくことができます。

2.ケアマネージャーの難易度

ケアマネの試験はどのくらいの難易度なの?よく皆さんに聞かれる質問ですが、管理人独自の体験から考えると、真剣に勉強しないと合格できないレベルだと思います。介護福祉士国家試験よりケアマネは多くの時間を費やして勉強しました。
当管理人はケアマネと介護福祉士に加え社会福祉士を所持していますが、個人的見解だと社会福祉士国家試験の方が難しいと思いました。なぜなら社会福祉士国家試験は科目数が多く人物などの暗記もあります。
しかし、ケアマネ試験は介護保険や介護事業についてなどの制度的な部分と介護福祉士と重複する介護に実務に役立つ問題の2種類です。
難易度をまとめると介護福祉士より難しく、社会福祉士よりは易しいと思います。

3.ケアマネージャーの過去の合格率

第21回より受験資格の大幅な改定があったため受験者数がかなり減少しました。

 2014年度(第17回)2015年度(第18回)2016年度(第19回)2017年度(第20回)2018年度(第21回)
受験者数(人)174,974134,539124,585131,56049,333
合格者数(人)33,53920,92416,28028,2234,990
合格率 (%)19.215.613.121.510.1

出典:厚生労働省「第21回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

4.一発合格する人は存在するのか?

当管理人は一発で合格できました。参考書と問題集を一冊ずつ購入し学習しただけです。実際に職場のケアマネ所持者や、交流がある居宅介護支援事業所に勤めている方に何回受験して合格したか尋ねたところ、一発合格した方は私の他に一人だけいらっしゃいました。
多くの方は2、3回受験してやっと合格という形でした。なぜ、何度も受験しているのか?とある本人に聞いたところ、1度目の受験は様子見で受験したそうです。介護福祉士取得後、経験を積みケアマネ受験資格が整ったのででとりあえず受験してみようという流れです。ですので記念受験的に挑む方もいらっしゃいますので、そういう要因が合格率を下げている部分もあると思います。

5.おわりに

周りに勧められたから受験するのではなく、初めからケアマネになりたいと思い学習をきちんとすれば十分一発合格を目指せると思います。役に立つかわかりませんが、管理人の勉強方法もいつかアップしたいと思います。ケアマネを目指している方、応援しています!