このまま惰性で介護の仕事を続けるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は高齢化の問題もあり介護業界の求人は非常に多くあります。その分介護業界は比較的就職し易いと言われています。

そのために、次の就職が決まるまで一時的に介護業界で働く方や、次に目標がなく惰性で日々の業務をこなしている方も存在しているのも事実です。しかし、自ら介護業界を志してさらなるステップアップを目指している方もたくさんいらっしゃいます。

介護業界で働いている以上、その経験を生かしステップアップを考えるのはどうでしょうか?

1.まず介護福祉士を目指してみる

介護の仕事は資格が無くても働くことができます。しかし、ただただ給料をもらうためだけに日々の業務をこなすのでは無く、

まずは介護福祉士を目指してみるのはいかがでしょうか。パートでも一定の条件を満たせば介護福祉士の受験資格が得られます。

人は何か明確な目的があればモチベーションが上がってくるといわれています。

介護福祉士を取得するだけで給料の手当てが増えたり、次は認定福祉士を目指したり、ケアマネを目指すなど多岐に目標を立てることができます。また、日々の業務にも学習で得た知識はきっと役に立ちます。

→介護福祉士取得ルート

2.主任クラスを目指す

介護経験が長い方は介護施設などの主任を目指すのはいかがでしょうか?

介護業界は転職する際も”これまでの介護経験”を重視する点があります。新規開設した法人であれば、はじめから主任に抜擢することもあります。主任クラスの方はほとんど介護福祉士を所持しています。一般の介護職員と異なり、チームをまとめたり机上業務も増えると思いますが主任から、サービス提供管理者や施設長というさらなるステップアップを目指すことができます。

3.ケアマネージャーを目指す

介護業界のお仕事は実際の介護サービスを提供する業務だけではありません。ケアマネージャーがケアプランを立てることで介護サービスを提供できるのです。

ケアマネージャーは介護福祉士を取得した方が多く受験しています。介護福祉士の国家試験より難関資格となりますが、取得すればケアプランの作成や支給額限度額の確認と利用者負担額の計算など介護業界でもジャンルの異なる業務にチャレンジすることが可能となります。介護福祉士とケアマネージャーの両者資格があれば利用者からの信頼もアップしますし自分に自信が持てるようになります。

→ケアマネージャー取得ルート

4.おわりに

今回は介護の仕事を続けながらキャリアアップできる選択肢のほんの一例です。その他にも福祉系資格はたくさんありますし目標を決めるのはあなた次第です。みなさんのキャリアアップのきっかけになっていただければ幸いです。