お笑い芸人EXITりんたろーさんから介護の楽しさを学ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はとある芸能人について解説します。芸能人といえども芸能人になる前や下積み時代は社会人として働いていた方は多くいらっしゃいます。もちろん介護業界で働いていた方もちらほらいらっしゃることをお聞きします。実は最近テレビで人気を博しているお笑いコンビEXITのりんたろーさんは介護士として老人ホームで働いていたそうです。EXIT りんたろーさんってどんな人?今回はりんたろーさんから介護の楽しさを学びます。

1.お笑いコンビEXITとは?

EXIT(イグジット)

兼近大樹(画像右)

名前:兼近 大樹(かねちかだいき)

生年月日:1991年5月11日(2019年3月現在27歳)

出身:北海道札幌市

高校:中卒

身長:172cm

体重:60kg

血液型:O型

りんたろー。(画像左)

本名:中島臨太朗(なかじまりんたろう)

生年月日:1986年3月6日(2019年3月現在33歳)

出身:静岡県浜松市

身長:180cm

体重:85kg

大学:浜松大学卒業

血液型:A型

特技:サッカー、フットサル(GK)、カラオケ、介護

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

2017年12月22日に結成されたお笑い芸人コンビです。

チャラい芸風が人気ですが実は二人とも真面目だったということがテレビ東京の「ゴッドタン」という番組で暴露され、見た目と中身のギャップで人気急上昇しました。結成から数年でここまで人気がでるのは相当な実力をお持ちだと思います。

背が大きい方のりんたろーさんが老人ホームでアルバイトをしています。ちなみに兼近さんはベビーシッターのアルバイトをしており二人とも福祉系ですね。

EXITの「ゆりかごから墓場まで面倒みるぜ!」のキャッチコピーがなんともいえないくらい可愛らしいですね。

2.りんたろーさんのポジティブな思考

りんたろーさんは性格が良いことでも有名ですが、りんたろーさんが人気になる理由は

ポジティブ思考という点もあると思います。介護業界ではこの思考はとても大事だと管理人は思います。

りんたろーさんは介護のお仕事に対しても利用者に対しも、常に尊厳を持って明るく接しています。

老人ホーム内でも高齢者の利用者にかなり人気だったようです。

現在でもたまに介護についてコメントしています。

「8年ぐらいやってました。最近は行けてなかったんですけど、ライブのVTRを撮りに介護施設に行って『久しぶり!』って言ったら、おじいちゃんおばあちゃん、全員、僕のことを忘れてましたね(笑)毎日オムツを変えてたのに」

「僕らがおじいちゃんおばあちゃんに、いま流行ってる『USAゲーム』を教えて一緒にやろうという企画だったんですが、説明を始めたら『アメリカのことは思い出したくない』と言われ……シーンとなって、すぐに終了しました(笑)」

「介護で大切な事は何か。介護に必要なのは”思いやり”とお年寄りの色んなメッセージを感じ取ること。おばあちゃんを”一人の女”としてみることが大事なんだな。」

お笑い芸人ですので笑いも含めつつ、高齢者の方と仲良くワイワイ過ごしている様子が目に浮かびます。また、りんたろーさんのポジティブ思考な部分が高齢者の方に好感をもっていただけるポイントだと思います。

3.若者の介護離れを防ぐためにも

最近は核家族が主流で日常生活でも高齢者の方との交流が少なくなってきています。ですので介護職に人員が足らなくなる理由もわかる気がします。賛否両論あると思いますが、こういった介護もあるんだと若者たちに介護について少しでも関心を持っていただければなぁと思います。管理人の周りには若い頃から介護福祉士を目指し働いている方は少なからずいらっしゃいます。若い方に興味を持ってもらえるようになれば介護業界のさらなるイメージアップにつながると思います。これからもEXITさんのご活躍を期待しています。